トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

前WBO世界王者の伊藤 再起戦に向け「いい勝ち方を」

2019年9月13日 紙面から

再起戦の計量をクリアし、ポーズを取る伊藤=東京都文京区の日本ボクシングコミッションで(藤本敏和撮影)

写真

 ボクシングの前WBOスーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(28)=横浜光=の再起戦となるライト級10回戦(13日、東京・後楽園ホール)の前日計量が12日、東京・日本ボクシングコミッションで行われ、伊藤が60・9キロ、対戦相手ルーベン・マナカネ(26)=インドネシア=が59・6キロでクリアした。伊藤は5月に米国で行われた世界王座2度目の防衛戦で判定負けして以来の再起戦で「いい勝ち方を」と力を込めた。

 「完璧に近い調整ができた。特に力を入れたのは体づくり。試合で動きが良ければ本格的にライト級も見えてくると思います」と伊藤。スーパーフェザー級では現在もWBO10位、WBC12位につけ、勝てば年内に世界戦や挑戦者決定戦といった大一番が組まれる可能性もあるという。

 国内での試合は昨年末以来で、セミファイナルの日本フェザー級王座決定戦も好カードとあってチケット人気は沸騰、注目度は高く「自分の応援だけで1000人近く来てくれる。ありがたいです。KOしないと」と笑顔でKOを予告した。 (藤本敏和)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ