トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

恒成、挑戦者とも一発パス WBOフライ級王座戦前日計量

2019年8月23日 14時34分

前日計量前に撮影に応じる田中(左)とゴンサレス

写真

 ボクシングのWBOフライ級タイトルマッチ(24日、名古屋市・武田テバオーシャンアリーナ)の調印式と前日計量が23日、同市内であり、2度目の防衛戦となる王者田中恒成(24)=畑中=、同級1位の挑戦者ジョナサン・ゴンサレス(28)=プエルトリコ=が、いずれもリミットの50・8キロで計量を一発パスした。

 会見でゴンザレスが「2人でいい試合にしたい」と話せば、3階級制覇の田中は「もちろんKOを狙います」と宣言した。戦績は田中が13戦全勝(7KO)、ゴンサレスが26戦22勝(13KO)2敗2分1無効試合。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ