トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

元3階級王者・リナレス、再起戦9・7に決定 「後楽園ホールは特別な場所」

2019年8月16日 23時45分

練習後に笑顔でポーズを取るリナレス=帝拳ジムで(藤本敏和撮影)

写真

 ボクシングの元世界3階級王者で、1月にまさかの1ラウンドKO負けしたホルヘ・リナレス(33)=ベネズエラ、帝拳=の再起戦(9月7日、東京・後楽園ホール)の対戦相手がWBAアジア・スーパーフェザー級王者アル・トヨゴン(21)=フィリピン=に決まった。所属ジムが16日発表した。

 この日のスパーリングを終えたリナレスは「試合予定も対戦相手も何度か変わったけど、調子はめちゃくちゃいいから絶対大丈夫。後楽園ホールは(2007年2月以来)10年以上試合していない。特別な場所ですっごく楽しみ」と抱負を語った。(藤本敏和)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ