トップ > 中日スポーツ > 格闘技 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【格闘技】

井上岳志、復帰戦2回KO勝ち

2019年8月4日 紙面から

KO勝ちで再起戦を飾った井上=東京都文京区の後楽園ホールで

写真

◇WBOアジア・パシフィック・スーパーウエルター級王座決定戦12回戦

 今年1月の世界初挑戦で判定負けしたボクシングのWBOスーパーウエルター級11位、井上岳志(29)=ワールドスポーツ=が3日、東京・後楽園ホールでWBOアジアパシフィック同級王座決定戦を行い、コムサン・ポンセーン(タイ)に2回2分24秒KOで再起戦を飾った。初回からジャブでペースを握り、最後は強烈な左ボディーで10カウントを聞かせる圧勝だった。

 「序盤は距離をとるつもりだったが、相手の息が上がっていたので仕掛けた。課題は多いが、これで世界ランクも上がると思うので(今後の展開が)楽しみです」と井上。1月の世界戦で現在33戦全勝(26KO)のスター王者ムンギア(メキシコ)に最後まで食い下がって評価を上げた男が、また世界へのステップを上がり始めた。 (藤本敏和)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ