トップ > 中日スポーツ > Bリーグ愛知 > NEWS > 記事

ここから本文

【Bリーグ愛知】

名古屋Dは5日の島根戦で開幕「選手の理解度はゼロからではない」梶山HCは底上げに自信

2019年10月3日 0時9分

初優勝を目指す名古屋Dの安藤

写真

 4季目となるBリーグ2019―20シーズンが3日、宇都宮(栃木から改称)−川崎で開幕する。昨季チャンピオンシップ(CS)出場の名古屋Dは5日の島根戦(松江市総合体育館)が初戦。オフに大きな補強はなかったが、梶山ヘッドコーチは「選手の理解度はゼロからではない。今季はもっと良い形にしたいし、それが結果につながる」と底上げに自信をみせる。勝負どころで走り負けたCSの教訓から、夏場から練習強度を上げ、選手がヘロヘロになるまで走らせた。速い展開からの勝利を目指す。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ