「自考」「自助」で育つ 愛工大名電

2018年11月13日 02時00分

(上)倉野光生監督(右端)の話を聞く愛工大名電ナイン。昔も今もグラウンドでの練習中にはピリッとした緊張感が漂っている (下)選手が練習する「後藤淳記念球場」にはイチロー(上段右端)ら同校からプロに進んだ選手の写真パネルが飾られている(いずれも川越亮太撮影)

(上)倉野光生監督(右端)の話を聞く愛工大名電ナイン。昔も今もグラウンドでの練習中にはピリッとした緊張感が漂っている (下)選手が練習する「後藤淳記念球場」にはイチロー(上段右端)ら同校からプロに進んだ選手の写真パネルが飾られている(いずれも川越亮太撮影)

倉野光生監督(60)

倉野光生監督(60)

柴田亮輔(31)=現フタバ産業軟式野球部監督=

柴田亮輔(31)=現フタバ産業軟式野球部監督=

飯田庸資(38)=東芝インフラシステムズ勤務=

飯田庸資(38)=東芝インフラシステムズ勤務=

<1>愛工大名電合宿所。ここでの生活が名電野球の源となっている<2>玄関にはイチローを描いた絵や「野球は生活だ生活が野球だ」と書かれた絵皿も<3>センバツの優勝旗や数々の賞状の前を洗濯物を持った野球部員が通るのはごく普通の光景だ

<1>愛工大名電合宿所。ここでの生活が名電野球の源となっている<2>玄関にはイチローを描いた絵や「野球は生活だ生活が野球だ」と書かれた絵皿も<3>センバツの優勝旗や数々の賞状の前を洗濯物を持った野球部員が通るのはごく普通の光景だ

2003年の夏の甲子園1回戦・筑陽学園戦で力投する東北のダルビッシュ有

2003年の夏の甲子園1回戦・筑陽学園戦で力投する東北のダルビッシュ有

加藤政義(現DeNAジュニアチーム監督)

加藤政義(現DeNAジュニアチーム監督)

(上)倉野光生監督(右端)の話を聞く愛工大名電ナイン。昔も今もグラウンドでの練習中にはピリッとした緊張感が漂っている (下)選手が練習する「後藤淳記念球場」にはイチロー(上段右端)ら同校からプロに進んだ選手の写真パネルが飾られている(いずれも川越亮太撮影)

(上)倉野光生監督(右端)の話を聞く愛工大名電ナイン。昔も今もグラウンドでの練習中にはピリッとした緊張感が漂っている (下)選手が練習する「後藤淳記念球場」にはイチロー(上段右端)ら同校からプロに進んだ選手の写真パネルが飾られている(いずれも川越亮太撮影)

倉野光生監督(60)

倉野光生監督(60)

柴田亮輔(31)=現フタバ産業軟式野球部監督=

柴田亮輔(31)=現フタバ産業軟式野球部監督=

飯田庸資(38)=東芝インフラシステムズ勤務=

飯田庸資(38)=東芝インフラシステムズ勤務=

<1>愛工大名電合宿所。ここでの生活が名電野球の源となっている<2>玄関にはイチローを描いた絵や「野球は生活だ生活が野球だ」と書かれた絵皿も<3>センバツの優勝旗や数々の賞状の前を洗濯物を持った野球部員が通るのはごく普通の光景だ

<1>愛工大名電合宿所。ここでの生活が名電野球の源となっている<2>玄関にはイチローを描いた絵や「野球は生活だ生活が野球だ」と書かれた絵皿も<3>センバツの優勝旗や数々の賞状の前を洗濯物を持った野球部員が通るのはごく普通の光景だ

2003年の夏の甲子園1回戦・筑陽学園戦で力投する東北のダルビッシュ有

2003年の夏の甲子園1回戦・筑陽学園戦で力投する東北のダルビッシュ有

加藤政義(現DeNAジュニアチーム監督)

加藤政義(現DeNAジュニアチーム監督)

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ