トップ > 富山 > 記者コラム:越中春秋 > 記事

ここから本文

記者コラム:越中春秋

将来の教育環境

 小中学校の再編統合と小中一貫教育を進めている高岡市で、四中学校区の保護者・地域懇談会があり、再編統合の着実な実行を期待する声が多かった。

 児童数減が著しい校区は少しでも早い再編統合を望み、再編の時期が遅く計画されている校区は環境整備の遅れや他との格差を懸念する。住民は小学校がなくなった後の地域の衰退を心配する。

 保護者は校舎の増築、通学の安全、スクールバスなど現実的な質問を真剣に市教委にぶつけた。

 小学生のわが子も一学級のみ。再編統合が数年先なので一度もクラス替えなく、卒業するだろう。

 「子どもの教育環境を少しでも良いものに」。子を持つ親の気持ちは分かる。 (武田寛史)

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索