トップ > 富山 > 記者コラム:越中春秋 > 記事

ここから本文

記者コラム:越中春秋

さすがです

 ある意味、ふに落ちた。政務活動費をだまし取ったとして詐欺罪に問われている富山市議の村上和久被告。裁判後に、記者団に言い放ったのが「領収書の日付を変えるのは偽造ではない」だ。

 発言の経緯はこうだ。領収書の発行主は記載された日付の当日、県外にいて被告と会えるはずがない。被告がうその領収書を使って架空請求をしたと疑う検察は、そうした不審点を追及する。被告は日付の当日に会わなかったことは認めたが、当時所属していた自民会派では日付の改ざんは常習的にされ、不正ではないと言い張る。

 こんな認識でいいのかとあぜんとした。同時に、こんな認識だから大量の不正があったのかと、妙に納得した。 (向川原悠吾)

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索