トップ > 富山 > 記者コラム:越中春秋 > 記事

ここから本文

記者コラム:越中春秋

日本人の誇り

 「塁はいろんな苦労を味わってきた」。米プロバスケNBAで活躍する八村塁選手=富山市出身=の中学時代の恩師坂本穣治さんは講演会でそう語った。日本人初のNBAドラフト一巡目指名を受け、開幕から主力として活躍。はたから見ると順風満帆だが、なぜ。

 坂本さんがそう語る理由は、ベナン人の父親を持つ八村選手の外見にある。中学時代にも身体的な特徴を嘲笑する差別的な発言を受けてきたという。「日本では外国人扱いされ、屈辱的な言葉を浴びてきた」。だが、理不尽な扱いに腐ることなく、前人未到の偉業を成し遂げて時代の寵児(ちょうじ)となった。

 今の彼を「日本人の誇り」と思わない人は皆無だろう。 (酒井翔平)

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索