トップ > 富山 > 記者コラム:越中春秋 > 記事

ここから本文

記者コラム:越中春秋

憧れの裏側

 先日「せっかく北陸にいるのだから」と金沢市の遊学館高校バトントワリング部の演技発表会を見に行った。本年度全国大会で二年連続のグランプリを受賞した強豪。同じ競技をしていた筆者は当時何度か大会で一緒になった。大人数で高度な技、そろった演技をする姿は圧巻で、憧れだった。

 発表会では、演技発表のほか、二連覇に向けて部員が一つになって練習してきた日々が紹介された。最後には、三年生が衣装を作ってくれた親や、一緒に頑張ってきた部員に感謝を伝えるビデオも流された。まるで魔法のように技を繰り出す「憧れのチーム」。その裏には地道な努力と感謝の気持ちがあるのだと思い知った。 (小寺香菜子)

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索