トップ > 富山 > 記者コラム:越中春秋 > 記事

ここから本文

記者コラム:越中春秋

受験シーズン

 二日間にわたって大学入試センター試験を取材した。参考書やお守りを握り締め、会場に向かう受験生を見ると、緊張感がこちらにも伝わってくるようだった。

 来年実施される大学入学共通テストはいまだに全容が見えてこない。難易度は上がるらしい、変わらないらしい…。もはや情報戦の様相だ。共通テストでは「思考・判断力を問う」というが、民間試験や記述式問題の導入延期を巡る国の迷走ぶりを見ていると、果たしてその力をつけるべきは高校生なのだろうか、と思う。

 取材した受験生は「とにかく今年で決めるだけ」とあくまで冷静だった。これ以上混乱を生まぬよう、確かな「思考・判断力」が国に求められている。(山岸弓華)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索