トップ > 富山 > 記者コラム:越中春秋 > 記事

ここから本文

記者コラム:越中春秋

適塩

 年末年始に自宅に戻り、「腹が出たね」と母、妻、娘から散々ぱらいじられた。「三月で五十四歳なんだから少しは出るわ、というか、君たちの方が」と反論したかったが、後が怖くてできなかった。単身赴任が続き、食生活はほぼコンビニ頼みなのは変わらないが、高血圧予防も考え、塩分摂取に気を付けてみることにした。

 県が二〇一九年三月に作成したリーフレット「適塩生活で健康に」を見ると、男性の一日塩分摂取量は八グラム未満を推奨している。ところが、コンビニに並ぶ総菜、弁当を見てみると、一品で五グラム、六グラムという品が多い。野菜サラダでも三グラム超とか。外食でも変わらないだろう。自炊しかないのか。適塩生活は遠い。 (松本芳孝)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索