トップ > 富山 > 記者コラム:越中春秋 > 記事

ここから本文

記者コラム:越中春秋

ネット上の騒動

 正月気分が一気に抜けた。

 仕事始めを迎えて、支局の公式アカウントを使ってツイッターの更新をしていた。「首つり自殺」。多くつぶやかれた言葉を示すトレンド欄に不吉な言葉がランキングされていた。新宿駅南口の歩道橋で自殺騒ぎがあったようだ。

 驚いたのは、その現場の画像がインターネット上で拡散されていたことだ。首をつった人が目の前にいるのに、写真を撮り会員制交流サイト(SNS)に上げる。気持ちは理解できないし、日本人のモラルの欠如がここまで進んでいると思うとぞっとする。騒ぎの当事者がどうなったのかはわからない。ネット上で安否を気遣う声があふれていたのが唯一の救いだった。(酒井翔平)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索