トップ > 富山 > 記者コラム:越中春秋 > 記事

ここから本文

記者コラム:越中春秋

5.3%

 自宅近くにある信号機のない横断歩道。朝、渡ろうとすると、こっちが先だと言わんばかりに車が突っ切っていくことがある。慌てて自分が渡るのをやめる。歩行者優先なのにと叫びたくなるが、逆ににらまれ、自分が悪いような思いに駆られてしまうことも。

 県内では、たった5・3%。日本自動車連盟(JAF)の調査で、歩行者が信号機のない横断歩道を渡ろうとしている状況で一時停止した車の割合だ。止まらない車を何度も経験している身としては、驚く数字ではない。

 一時停止はマナーではなく、道交法で決められているルール。ドライバーにルールの徹底を呼び掛けたい。ハンドルを握るわが身に対しても。(加藤隆士)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索