トップ > 富山 > 記者コラム:越中春秋 > 記事

ここから本文

記者コラム:越中春秋

ファボーレ

 フューチャーシティー(未来都市)。壮大な言葉に飾られた商業施設が、開業二十年目に生まれ変わった。大規模増床を終え、新装オープンした富山市の「ファボーレ」。次の二十年に向けた船出の初日はあいにくの雨にもかかわらず、家族連れなどでにぎわった。

 ファボーレのような施設は、昔ながらの商店街の「敵」と見なされがちだ。確かに客層は一部で重なる。ただ、流行のファッションや食事、映画を楽しめる場所がなければ、若者は都会に出て行き、地方は細るばかり。富山を支えている面は認めざるを得ない。

 ファボーレは「恵み・恩恵」を意味するイタリア語。その名の通り、地域に豊かな未来をもたらしてくれますように。(山本真士)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索