トップ > 富山 > とやま遺産 > 記事

ここから本文

とやま遺産

「権利乱用」初の判決 宇奈月温泉事件 

木管があった現場である宇奈月ダム近くに立つ石碑=黒部市宇奈月温泉で

写真

 宇奈月温泉事件。初めて聞く人はサスペンスドラマを思い浮かべるかもしれない。名前からは分からないが、実は法学生が最初に習うような、民事裁判史に残る重大な事件のことだ。

 昭和の初め、宇奈月温泉では黒部川上流の黒薙温泉から源泉を運ぶため引湯木管が敷かれた。しかし、この木管がわずか二坪だが所有者に無断で通っていた。この土地の買い主は、時価の数十倍という値段で温泉の経営会社に買収を迫り、拒否されると木管撤去を求めて提訴した。

 一九三五(昭和十)年、最高裁に当たる当時の大審院は原告の訴えを棄却。このとき、判決文で初めて「権利の乱用」という文言が使われた。その後、戦後の民法改正で「権利ノ乱用ハ之ヲ許サズ」と明文化された。事件は、権利を乱用してはならないという民法の基本原則に大きな影響を与えた。

写真

 黒部市歴史民俗資料館では、判決文の複製や、当時と同じくアカマツで作られた木管を展示している。木管があった場所は青く光る宇奈月ダムに沈んだ。ダム湖を見下ろす場に立つ石碑は「きわめて多くの法律書や論文などに引用されている」と意義を紹介している。 (柘原由紀)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索