トップ > 富山 > とやま遺産 > 記事

ここから本文

とやま遺産

地域が誇る木造校舎 滑川・田中小旧本館

地元住民らの保存を求める声に押されて残った木造校舎の田中小旧本館=滑川市加島町で

写真

 木のぬくもりを感じさせつつも、歴史情緒あるたたずまいが目を引く。滑川市加島町の田中小旧本館は、一九三六年建設の県内で唯一残る木造校舎だ。八七年に県建築百選に選出され、二〇一六年には国登録有形文化財になった。細田守監督作のアニメ映画「おおかみこどもの雨と雪」で、子どもたちが通う学校のモデルにもなった。

 瓦屋根と板張りの外壁は、昭和初期の代表的な小学校建築。重厚な造りの階段の柱部分には、アールデコ調の意匠がみられる。机やいすが残されている教室もあり、今にも授業がはじまりそうな雰囲気だ。

写真

 耐震化工事に伴い、一四年に新校舎が完成し役目を終えた後も、地元住民や卒業生らの保存を求める声が後押しとなり、記念館として活用されている。年に数回、市のイベントに合わせて一般公開され、管理する市教育委員会生涯学習課は「長い歴史を持つ地域の顔として、生かしていきたい」と話す。

 周囲からは児童のにぎやかな声が響く。今でも児童らが校舎内を雑巾がけをするなど、親しまれている。旧本館は子どもの成長をこれからも見守り続ける。 (山岸弓華)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索