トップ > 富山 > 10月22日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

宇宙って どんな場所? 高岡・成美小で出前講座

真空状態をつくり出す実験をする児童。奥は和田直樹さん=高岡市成美小で

写真

きょうJAXA飛行士講演 

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙特別講演会が二十二日午前十時半から県高岡文化ホールで開かれる。国際宇宙ステーション(ISS)に二〇一六年七〜十月の百十五日間滞在したJAXA宇宙飛行士の大西卓哉さん=東京都出身=が宇宙の体験を語る。入場無料。(武田寛史)

 講演会に先立って、主催する高岡志貴野ライオンズクラブが事業として、JAXAの宇宙教育リーダー和田直樹さん(58)=東京都=の宇宙学習出前講座が二十一日、高岡市成美小学校で開かれた。

 六年生四十七人がプラスチックケースの中の空気を注射器で抜いて、宇宙のような真空状態をつくり出す実験に挑戦。児童がマシュマロを入れたケースの空気を注射器で抜いて真空状態にすると、マシュマロが膨張し、空気を戻すとマシュマロが縮み、児童が宇宙への関心を高めた。

 橋場皓生(こうせい)君(12)は「宇宙を知る実験が興味深かった。宇宙飛行の技術が身近でどう使われているかに興味がある」、犀川(さいかわ)りえ子さん(12)は「実験が楽しかった。宇宙飛行士はどんな訓練をするのか知りたい」と感想を話した。

 和田さんは「宇宙空間や宇宙開発技術は特別なものではない。日常生活の中から、宇宙を見いだしてほしい」と話した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索