トップ > 富山 > 9月21日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

ピカチュウも事故防止訴え 秋の交通安全運動 県警で出発式

人気キャラクターのピカチュウ(左)と一緒に「ながら運転」防止を呼び掛ける園児ら=県庁前で

写真

 秋の全国交通安全運動が始まるのを前に出発式が二十日、富山市の県警本部で開かれた。人気アニメ「ポケットモンスター」のキャラクター「ピカチュウ」も加わり、事故防止を呼び掛けた。

 ピカチュウは携帯電話などを見ながら運転する「ながら運転」の防止を全国で呼び掛けており、県警の啓発活動に加わった。式では交通安全大使に委嘱された後、紅葉ガ丘幼稚園(富山市)の年長児十六人と一緒に、県庁前の道路でドライバーに「絶対やめよう!運転中のながらスマホ」と書かれたポスターを配った。

 県警は今回の運動で、歩行者が渡ろうとしている横断歩道前の一時停止と、車のライトの早期点灯などを重点的にドライバーに呼び掛けていく。県警交通企画課の担当者は「しっかり守ってもらえるよう、啓発していきたい」と話す。

 秋の全国交通安全運動は二十一〜三十日。期間中は街頭での啓発活動やパトロールなどを強化する。 (向川原悠吾)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索