トップ > 富山 > 9月21日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

サポカーの安全機能に驚き 砺波のお年寄りが体験教室

自動ブレーキの効果を体験する高齢ドライバー=砺波市鷹栖出で

写真

 高齢ドライバーらの事故対策で国が普及を図るセーフティ・サポートカー(略称・サポカー)の体験型交通安全教室が20日、砺波市鷹栖出の砺波自動車学校であり、お年寄り20人が自動ブレーキなどの効果を実感した。

 教室は県の委託で砺波市が開催。70代を中心に同市太田の老人クラブ会員が参加した。車2台を用意し、衝突の恐れがある時に警告音との二段構えで作動する自動ブレーキ、アクセルとブレーキの踏み間違え時の飛び出し防止機能を助手席などで体験した。

 参加者は先進の安全機能に驚いた様子。運転歴50年以上の男性(70)は「初めて体験したが、事故防止や被害の軽減に役立つ」と感心しつつ、「装置に頼るのではなく、自分の運転を再点検したい」と話した。 (山森保)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索