トップ > 富山 > 8月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

富山で仕事、富大生とコラボ…うれしい 谷川俊太郎さん 企画展への思い

企画展への思いを語る谷川俊太郎さん=富山市の高志の国文学館で

写真

 詩人の谷川俊太郎さんが十一日、富山市の高志の国文学館で会見し、開催中の自身の企画展への思いを語った。谷川さんは十二日に市の県教育文化会館で開かれる関連イベントで詩を朗読する。

 谷川さんは、現在の国語教育では詩の歴史を体系的に学ぶことが少ないと指摘し、「詩は一見意味がないように見えるが声に出して読むと意味がわかるはず」と話した。

 富山大生とのコラボ展示企画について「大学生と関わりあえるのはうれしい。自分自身の視点を若く保つことを意識しているし、未熟な部分もある。若い才能を見つけたら積極的に関わるようにしている」と話した。作家人生の中で賞レースを避けてきたといい「読者が賞のようなもの。実際に読んで評価して」と語った。

 谷川さんは「地球上どこでも仕事できる。ただ、東京に偏りがちなので、富山で仕事ができるのはうれしい」と話した。

 企画展は「谷川俊太郎の宇宙」で、九月二十三日まで開催中。関連イベントは午後二時から。入場料は千円。 (山岸弓華)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索