トップ > 富山 > 7月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

インドネシアの農業用水確保 国際支援に富山パワー

現地で行われた起工式=インドネシア・バリ島のクルンクン県で(富山市提供)

写真

市など連携 起工式

 インドネシア・バリ島クルンクン県で、富山市と「水機工業」(同市)などが連携して取り組む農業用水不足解消に向けた事業の起工式が行われた。

 事業は現地の国立ウダヤナ大が主体となって、同社が施工。市は現地と同社の調整を行う。慢性的な農業用水不足に苦しむクルンクン県のスマアグン地域で太陽光発電を活用した揚水ポンプを導入することでかんがい用水を確保し、米の生産量を増やして農家の所得向上を目指す。

 起工式には市職員やクルンクン県知事、駐デンパサール日本総領事らが出席した。完成は十一月末の予定。

 市は二〇一七年にウダヤナ大と、再生可能エネルギーを活用する事業について協力協定を結んだ。事業は在インドネシア日本大使館の資金協力を受ける。 (柘原由紀)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索