トップ > 富山 > 5月8日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

貼り絵から南画まで 個性あふれる作品展 高岡の同好会「美笑楽」

写真

 高岡市の美術同好会「美笑楽(びえら)」による作品展が、同市中川の青井記念館美術館で開かれている。会員による個性的な工芸や写真、絵画約四十点が並ぶ。二十五日まで。

 県内各地の会員十三人が出品した。漆芸や切手を使った貼り絵、ステンドグラス風の絵画、色鉛筆画、中国の南宗画に由来する水墨画「南画」など、幅広い作品が集まった。

 中山富晴さん(66)=同市川原町=は写真を和紙に印刷し、掛け軸やびょうぶにした作品三点を展示=写真。氷見市内と高岡市内で撮影した朝日と気嵐の写真三枚をびょうぶに並べた「気嵐三景」は幻想的な雰囲気が漂う。

 午前十時〜午後四時。月曜と十一日は休館。最終日は午後二時まで。 (小寺香菜子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索