トップ > 富山 > 4月7日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

延長サヨナラ 開幕戦飾る 富山GRNサンダーバーズ 東が殊勲打

(左)サヨナラ勝ちし、グラウンドに飛び出して喜ぶ富山GRNサンダーバーズの選手たち(右)サヨナラ安打を放った東良暁選手=いずれも高岡西部総合公園野球場で

写真

 プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグが六日開幕。富山GRNサンダーバーズは高岡西部総合公園野球場(高岡市千鳥丘町)で信濃グランセローズと対戦し、延長十回、4−3でサヨナラ勝ちした。

 サンダーバーズは八回までにロイ鈴木選手の本塁打などで2点リードしたが、九回、四番手のブラウン投手が同点に追い付かれた。延長十回、安打と敬遠で一死満塁の場面で東良暁選手がサヨナラ左越え適時打を放った。先発の乾真大投手は六回を一失点、続く山本雅士、菅谷潤哉の両投手は無失点に抑えた。

 東選手はヒーローインタビューで「二人敬遠されて絶対打ってやろうと思った。目標は(前期と後期の)完全優勝」と意気込んだ。

写真

 二岡智宏監督は「(東選手は)打ってくれると思っていた」と笑顔。試合中は一塁コーチスボックスから指示を出し「塁に出た選手に少しでも良いアドバイスをしたい」と話した。

 サンダーバーズは七日午後一時から金沢市民球場で、石川ミリオンスターズと戦う。 (小寺香菜子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索