トップ > 富山 > 3月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

富山

監督「一丸で頑張る」 市長ら激励 高岡でキャンプイン 

セレモニーで意気込みを語る二岡智宏監督(中)=高岡市千鳥丘町で

写真

 プロ野球独立リーグ・BCリーグの富山GRNサンダーバーズは九日、高岡市千鳥丘町の高岡西部総合公園野球場でキャンプインし、四月の開幕戦に向けて本格始動した。

 二岡智宏監督(42)、大士コーチ(33)と選手二十四人が参加。屋内練習場で体を温めた後、シートバッティングをするなど、実戦的な練習で汗を流した。

 練習に先立ちキャンプインセレモニーがあり、高橋正樹市長や後援会の各支部長が激励した。球団の永森茂社長は「シーズン終了後、皆さんと一緒に勝利を分かち合いたい」、二岡監督は「チーム一丸となって頑張る」と決意を語った。

 練習後、野手キャプテンの河本光平内野手(24)は「気持ちを入れてキャンプインできて、良いスタートが切れた。今年は完全優勝を狙う」、投手キャプテンの菅谷潤哉投手(24)は「積極的に新人ともコミュニケーションを取り、伸び伸びやれる環境をつくってやりたい」と意気込んだ。

 十四日からはオープン戦が始まる。開幕戦は四月六日に同球場であり、信濃グランセローズと対戦する。

  (小寺香菜子)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索