トップ > 静岡 > W鈴木の挑戦 〜翔太と博志〜 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

W鈴木の挑戦 〜翔太と博志〜

博志投手 両親の前で51球

ブルペンで鈴木博志の投球を見る母英美さんと父隆美さん=いずれも14日、北谷球場で

写真

 ドラフト1位の鈴木博志(20)=磐田東高卒、ヤマハ=が、両親が見守る前でブルペン入りした。「普段と同じ。特に意識はしなかった」と少し恥ずかしそうに話したが、鍛え抜いた体で直球を中心に51球を投げ、成長した姿を見せた。

 父隆美さん(62)と母英美さん(49)は13日に沖縄入り。夜ご飯をごちそうしてもらったという。高校、社会人時代を含め息子の試合のほとんどを現地で観戦してきたが、中日のユニホーム姿の投球を直接見るのは初めて。隆美さんは「今日はストライクが多く調子が良いみたい」と安心した表情。英美さんも「やっぱりプロのユニホームはかっこいい」と声を弾ませた。

ブルペンで投球練習する鈴木博志(左から2人目)と鈴木翔太(右)

写真

 休み明けの第3クール初日で、鈴木博は「疲労があるので体の動きを確認しながら投げた。無理に体を動かそうと思うと逆効果。力を抜いて投げた方が良い球がいった」と手応えをつかんだ様子だった。

(荒木正親)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索