トップ > 中日新聞しずおか > ラグビーW杯日本大会しずおか > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

ラグビーW杯日本大会しずおか

ファンゾーン 来場9万9198人

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で、県が浜松、静岡市に設けた「ファンゾーン」の来場者数は十日間で計九万九千百九十八人だった。県が十七日、発表した。

 ファンゾーンは観戦用の大型ビジョンが置かれ、飲み物や各国の食べ物も楽しめる。JR浜松駅近くの浜松市ギャラリーモール・ソラモと遠鉄百貨店のホールは七日間で三万二千九十四人、静岡市葵区の駿府城公園は九日間で計六万七千百四人が訪れた。

 県ラグビーW杯推進課の担当者は「入場規制をかける試合もあるほど、予想以上の盛況ぶりだった」と話した。

 盛り上がりを受け、県は十九日〜十一月二日にある決勝トーナメント全試合のPVを袋井市のエコパスタジアムで行うと決めた。浜松市のファンゾーンは十月二十六、二十七日と十一月二日も実施する。

(三宅千智)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索