トップ > 中日新聞しずおか > ラグビーW杯日本大会しずおか > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

ラグビーW杯日本大会しずおか

ジョージア代表歓迎 御前崎市役所

歓迎を受けるミルトン・ヘイグヘッドーコーチ(中)らジョージア代表=御前崎市役所で

写真

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で、御前崎市を公認キャンプ地にしているジョージア代表が七日、市役所で柳沢重夫市長を訪問した。

 ジョージアは、十一日にエコパスタジアム(袋井市)でオーストラリアと対戦する。

 ミルトン・ヘイグヘッドコーチ(HC)はじめ、選手やスタッフら十数人が来庁。玄関付近で、職員らがジョージアの小旗を振って出迎え、ヘイグHCに花束を渡した。

 その後、全員協議会室に場所を移して柳沢市長らと会談。互いの記念品を交換し、柳沢市長は「市内の施設を思う存分に利用していただき、最高のコンディションで試合に臨んでほしい」と歓迎した。

 ジョージアは、一次リーグD組で三試合を終え、すでに敗退が決まってしまったが、ヘイグHCは「御前崎市のホスピタリティーのもと、有意義な時間を過ごせている。良い結果につなげたい」と感謝した。

(高柳義久)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索