トップ > 中日新聞しずおか > ラグビーW杯日本大会しずおか > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

ラグビーW杯日本大会しずおか

ロシア代表チーム 掛川市長らが歓迎

ユニホームを受け取る松井三郎市長(左)=掛川市内のホテルで

写真

 ラグビーW杯日本大会で、掛川、磐田両市が共同キャンプ地となっているロシア代表チームが七日、宿泊先の掛川市に入った。ホテルでは松井三郎市長らが特産品を差し入れて歓迎した。

 掛川市がお茶の粉末スティック五十本と牛肉のステーキ四十二人分、磐田市がマスクメロン十二個。松井市長が「皆さんをお迎えできてとてもうれしく思う。素晴らしいキャンプを過ごし、九日の試合で勝利されることを願っている」とあいさつした。ロシア代表チームは、歓迎のお礼にサイン入りユニホームやエンブレムなどをプレゼントした。

 ロシア代表は九日にエコパスタジアム(袋井市)でスコットランド代表と対戦する。

(赤野嘉春)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索