トップ > 中日新聞しずおか > ラグビーW杯日本大会しずおか > 記事一覧 > 2019年の記事一覧 > 記事

ここから本文

ラグビーW杯日本大会しずおか

ファンゾーン、あふれ出す熱狂 浜松・静岡

「ファンゾーン」の外から大型モニターを観戦し、日本の得点に盛り上がる大勢のラグビーファン=5日、浜松市中区の市ギャラリーモール・ソラモで

写真

 駿府城公園(静岡市葵区)に設けられたファンゾーンには、試合開始の30分前には1万5000人近くが詰め掛け、以降の入場は規制するほど。300インチの大型スクリーンで観戦を楽しもうと、フェンス越しにも多くの人の姿があった。終盤に福岡堅樹選手のトライなどで突き放すと、観客は一斉に立ち上がって喜び、手拍子で盛り上がった。

 妻や友人と一緒に訪れた掛川市の不動産業、菊地隆介さん(39)は、ビールを片手に観戦。「ラグビーにはビールしかない」と、試合開始前に既に5杯を飲み干した。終了までに8杯まで重ね、最後は立ち上がって喜んだ。決勝トーナメント進出がかかるスコットランド戦も「おいしいお酒が飲めるよう、全力で応援する」と話した。

 浜松市中区の市ギャラリーモール・ソラモでも前回のアイルランド戦(9月28日)より1時間早く、試合開始の2時間半前から入場規制となった。定員500人の会場は、場外にもそれ以上の観客が集まり、大型モニターで試合の行方を見守った。

 会場の外から応援した同区のパート山本久美子さん(46)は「ラグビーはほとんど知らなかったが、ルールを覚えて身近に感じられるようになった。この熱気と歓声は一生の思い出になる」と笑顔で話した。

(保坂千裕、松島京太)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索