トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

浜松の小中9校 支援学級新設へ

◆2校は初開設 市教委が報告 

 浜松市教委は二十五日の定例会で、二〇二〇年度から市立の小学校三校と中学校六校で、発達支援学級の新設(再設含む)を予定していることを報告した。

 うち二校は初開設で、船越小(中区)に知的障害の一学級、天竜中(東区)には知的障害と自閉症・情緒障害の各一学級を設ける。北部中(中区)と浜北北部中(浜北区)は以前に肢体不自由の学級があり、対象生徒が卒業したため閉じていたが、入級希望者がいるため各一学級を再設する。

 新設に伴い、発達支援学級の設置校は小学校九十六校のうち六十七校(設置率69・8%)、中学校四十八校のうち四十一校(同85・4%)となる。市教委は全小中学校への設置を目指すとしている。

(原一文)

 四校以外の新設予定校と学級数は次の通り。

 知的障害 与進北小(2学級、東区)中郡中(1学級、同)▽自閉症・情緒障害 篠原小(2学級、西区)篠原中(1学級、同)庄内中(1学級、同)

 

この記事を印刷する

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索