トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

浜松市立の全中学「校則調査」 研究会が見直し要請

頭髪を巡る男女別の校則の規定について説明する鈴木げん代表(右)と鈴木恵市議=10日、浜松市役所で

写真

 性的少数者や支援者らでつくる浜松トランスジェンダー研究会は10日、浜松市内の全市立中学校48校の校則を調査した結果を公表した。「下着の色は白」など時代にそぐわず、合理的でないとみられるものが多数あったとして、研究会は「下着の色指定は人権侵害では。何のためのルールなのか」などと校則の見直しを求めた。

 研究会の鈴木げん代表(45)とメンバーの鈴木恵市議(57)が市役所で会見して発表した。調査結果によると、靴下の色を指定する中学校が44校、下着の色を白などに規定するのは10校あった。「かばんにキーホルダーなどを付けない」が18校、黙って働く「黙働(もくどう)清掃」が11校あり、鈴木市議は「息苦しく、軍隊のようなルール。画一化を強いている」と批判した。

 「扇子やうちわを使用させない」「マフラーの使用不可」が各2校、「耳当て禁止」も1校と暑さや寒さ対策を制限する規定もみられた一方、校則の改正手続きを記載した学校はなかった。

 調査は、校則について性的少数者の当事者や保護者の相談を受け、7月から実施。情報公開請求などで全校分を集めた。調査結果を報告書にまとめ、年明けにも市教委に提出する。

 鈴木代表は、校則に性的少数者への配慮がみられず、制服や頭髪も男女別に細かく規定されているとして「心も体も変化する不安定な時期に、男女に厳密に分ける必要があるのか疑問」と指摘。髪形について「性別でなく、清潔で動きやすいと統一する」ことを提案した。

 市教委の担当者は取材に、不合理にみえる校則にも当初は理由があったと強調。2校で使えないマフラーも、過去に車輪に絡まって事故が起きたことがあるとして「守れというだけでなく、きちんと理由も説明していきたい」と話した。

(角野峻也、写真も)

写真
 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索