トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

トヨタの出資完了 スズキが自己株割り当て

 スズキは九日、トヨタ自動車に割り当てた自己株式二千四百万株の処分が完了し、九百六十億円の出資を受け入れたと発表した。トヨタの持ち株比率は4・94%で、事業会社では最大の株主となった。

 両社は八月、自動運転を中心に新技術の分野で協業を進めるとして資本提携を発表。独占禁止法に抵触する恐れのある海外当局の承認を得た上で、相互に株式を取得するとしていた。十一月下旬にインド当局から承認を得て、株式取得が可能になった。

 スズキは二〇二〇年三月期中に市場で四百八十億円分のトヨタ株を取得する。トヨタから調達した九百六十億円のうち、二百億円を自動運転や新分野の研究開発を進めるための基盤整備に投じる。

(山田晃史)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索