トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

浜松市教委 教員不祥事受け臨時校長会

◆教育長「綱紀粛正徹底を」

写真

 盗撮や不適切な言動など相次ぐ教員の不祥事を受け、浜松市教委は十八日、市教育会館(北区)で臨時校長会を開いた。花井和徳教育長=写真=は訓示で「不信と失望感の逆風が吹く困難な事態。疑念を持たれている状態にあると自覚し、言動に細心の注意を払わなけばならない」と述べ、綱紀粛正の徹底を指示した。

 花井教育長は、一連の問題の背景にスマートフォンの不適切な取り扱いがあったと指摘。学校でのスマホ使用は公私の区別がつきにくいとして「スマホ内は基本的に他人にのぞかれない世界であり、安易な犯罪行為につながった気がする」と感想を語った。

 続く研修会では、市教委が再発防止のため新たに策定したガイドラインを市内の小中学校、高校の校長ら百四十二人に説明。ガイドラインでは、教職員は原則としてスマホを職員室に置き、授業や部活動で使用しないことを明記。児童生徒、保護者との会員制交流サイト(SNS)でのやりとりも原則禁止とした。

 市教委は八月以降、勤務する中学校でのトイレ盗撮や無料通信アプリ「LINE(ライン)」で生徒に「好き」と不適切なメッセージを送り抱きしめるなどしたとして、計五人を懲戒処分としている。

(角野峻也)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索