トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

静岡学園V 県高校サッカー

全国高校サッカー選手権静岡県大会で優勝し喜ぶ静岡学園の選手たち=16日、袋井市のエコパスタジアムで(山田英二撮影)

写真

 第九十八回全国高校サッカー選手権大会県大会の決勝が十六日、袋井市のエコパスタジアムであり、静岡学園(静岡市)が富士市立(富士市)を6−1で破り、五年ぶり十二回目の優勝に輝いた。

 静岡学園は前半開始一分もたたないうちに、J1鹿島アントラーズへの加入が決まっているMF松村優太選手(三年)のゴールで先制。勢いに乗った攻撃陣が爆発し、前半だけで4点を奪った。後半にも2点を加え、粘る富士市立相手に快勝し、参加百十四校の頂点に立った。

 静岡学園は全国大会でも優勝一回、準優勝一回を誇る。全国大会は十二月三十日、東京・駒沢陸上競技場で開幕する。組み合わせ抽選会は今月十八日。

(高橋貴仁、酒井大二郎)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索