トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

澄み渡る空 アクトタワー頭上に富士山

気温が上がらず空気が澄み、浜松市内から望むことができた富士山=15日午後、浜松市南区で、本社ヘリ「おおづる」から(畦地巧輝撮影)

写真

 十五日の静岡県内は西からの高気圧に覆われ、鮮やかな青空が広がった。空気も澄み、日中はJR浜松駅近くの浜松アクトタワーの頭上に富士山が姿をのぞかせた。

 静岡地方気象台によると、浜松市中区の同日の最高気温は一八・一度で、平年より〇・一度低かった。風速も最大で七メートル弱と、やや強いとされる一〇メートルを下回る、比較的穏やかな一日となった。

 同気象台の担当者は「風も強くなく気温も上がらなかったため、ちりを含んだ空気の対流が起きず、空気が澄んだのではないか」と話した。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索