トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

三重県、「亀山」発言に抗議 川勝知事「驚いている」

 リニア中央新幹線の大阪延伸に関連し、静岡県・川勝平太知事の発言は事実無根だとして三重県・鈴木英敬知事が抗議した問題で川勝知事は十一日、東京都内であった全国知事会議に出席し、会議終了後、鈴木知事に「私はあなたがおっしゃった通りに言った。(抗議に)驚いている」と反論した。

 川勝知事によると、二人は十月下旬に皇居・宮殿であった饗宴(きょうえん)の儀で会話し、大阪延伸に言及。川勝知事は六日の定例会見で会話の中身を紹介し「鈴木知事は(三重県内の中間駅は)90%、亀山にほぼ決まっているとおっしゃった」と発言し、三重県側は八日に「事実無根」と抗議した。

 この日、会議終了後に川勝知事は鈴木知事を呼び止めた。報道陣も見守る中、「亀山」発言が話題となり、鈴木知事は「私はあのような形で申し上げていない」と抗議し、川勝知事も反論した。取材に対し、川勝知事は「(鈴木知事は)うそ偽らざるを得ないご事情があるのではないか」と述べた。鈴木知事は「交通結節性の高い場所での設置を求めていること、亀山の商工会議所が誘致活動に力を入れていることは伝えた。『90%』という根拠のない数字を使って話すことはあり得ない」と話した。

 川勝知事は報道陣に対し、南アルプストンネル(静岡市葵区)を巡る国土交通省、県、JR東海の三者協議にも言及。国交省側から、これまでのJRと県の二者協議に対する国交省の評価や見解を「近いうちに文書で送る」と連絡があったことを明かした。川勝知事は、三者協議に国交省鉄道局だけでなく、環境省も加えるよう求めているが「文書の中身を拝見してから、行司役にふさわしいのか判断したい」と述べた。

(広田和也)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索