トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

富士山 平年より22日遅い初冠雪

初冠雪の富士山を撮影する観光客ら=22日午後1時15分、富士市の岩本山公園で(立浪基博撮影)

写真

 気象庁は二十二日、富士山が初冠雪したと発表した。平年より二十二日遅く、昨年より二十六日遅い。

 気象庁によると、台風20号から変わった温帯低気圧の後ろに寒気が流れ込んだ影響で降雪したとみられる。二十一日夜から二十二日朝にかけて気温が下がり、山頂付近では二十一日午後八時に氷点下四・一度まで下がった。

 静岡県内は所により二十二日午前中に激しい雨が降ったが、御殿場市など県東部では、厚い雲の切れ目から、真っ白な雪をまとった頂が顔をのぞかせた。富士市の岩本山公園の展望台からも山頂付近の稜線(りょうせん)がくっきり。隣のカフェテラスを訪れていた外国人観光客らがしきりにシャッターを切った。

 本州付近には秋雨前線が張り付いた状態のため、今後も数日は曇りや雨の不安定な天気が続く。その後は徐々に気温が下がり、本格的な冬への準備が始まる。

(前田朋子)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索