トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

親子が森林の役割学ぶ 天竜で学習イベント

◆「森は地球温暖化を防ぐ」

森林の役割について説明を聞く親子ら=浜松市天竜区で

写真

 県が森林保全を図る「森の力再生事業」をPRする森林学習イベントが二十日、浜松市天竜区であった。県内の親子連れら二十人が参加し、専門家から森林の役割などを学んだ。

 森林環境学習などを企画する「MORI・IKU」代表の山田真弓さん(森町)が同区のスギ林を案内した。山田さんは、間伐が行き届かないと十分に木が根を張らず、台風などに弱くなると指摘。森林が二酸化炭素(CO2)を吸収し地球温暖化を防ぐ役割にも触れ「皆で森を守ることが大事」と呼び掛けた。続いて、親子らは石に生えたコケを採集し、観賞作品のコケリウムづくりも体験した。

 イベントは、もりづくり県民税を活用した同事業を知ってもらおうと、県が二〇一九年度から県内六カ所で開いている。

(島将之)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索