トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

曲芸飛行に歓声 航空自衛隊浜松基地でエアフェスタ

写真

 航空自衛隊浜松基地(浜松市西区)で二十日、航空祭「エアフェスタ浜松2019」が開かれた。約八万人が訪れ、アクロバット飛行隊「ブルーインパルス」の曲芸飛行=写真=や台風19号の被災地で活動する自衛隊の映像に見入った。

 ブルーインパルスは、背面飛行する一機の周りを別の一機が渦を巻くように回る「コーク・スクリュー」などを披露。他に「F2」や「RF4」といった戦闘機も地面に近い低空飛行などを繰り広げ、拍手を浴びた。

 台風19号を受け、被災地で行った人命救助や情報収集を紹介するコーナーが設けられた。被災者をヘリコプターでつり上げる救助活動のほか、冠水した菊川市や堤防が決壊した長野市を上空から撮影した映像や写真が紹介され、来場者が真剣な表情で見つめていた。

 初めて来場したという焼津市の農家斉藤晃さん(57)は「人が多くてびっくり。台風で活躍し、自衛隊が身近に感じられるからかな」と話した。親戚の力斗(りきと)君(5つ)は次々に飛ぶ戦闘機やヘリの爆音に驚きつつ「格好いい」と笑顔を見せた。 

(鈴木凜平)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索