トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

豪華絢爛な御殿屋台 磐田・掛塚まつり

雨模様の中、華やかな御殿屋台が並び盛り上がる「掛塚まつり」=磐田市掛塚の貴船神社で

写真

 100年以上の歴史がある豪華絢爛(けんらん)な祭り屋台で知られる、磐田市掛塚の貴船神社大祭「掛塚まつり」が19日、2日間の日程で始まった。精巧な彫刻や漆塗り、金箔(きんぱく)の刺しゅうを施した天幕で飾った各町の屋台計9台が優雅に引き回された。

 初日の夕方には、雨にぬれぬようにビニールシートで覆った各町の屋台が、宵祭りのため神社境内に集結。ちょうちんの淡い光の中、若衆らが笛や太鼓で県指定無形民俗文化財の京都風のお囃子(はやし)を奏でた。

 今回の祭りから、天幕などを復元新調した田町、横町、大当町の各屋台もお披露目され、華やかな祭りをより彩った。

 掛塚地区は、江戸から明治時代にかけて江戸と大阪を中継する「掛塚湊」として繁栄。同神社で引き回される祭り屋台は、遠州地方の祭り屋台の原型とされている。

(夏目貴史)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索