トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

世界の大道芸人集結 静岡市内38カ所で来月

昨年の大会で優勝したケロルさん=実行委提供

写真

 世界中の大道芸人が競演し、百万人超の市民が訪れる静岡市の秋の風物詩「大道芸ワールドカップ」は十一月一〜四日、市中心部である。

 二十八回目の今年は、十七カ国の八十六組百六十八人が静岡市葵区の駿府城公園や市民文化会館、中心市街地の街角など三十八カ所で、芸を披露する。

 世界一を決める「ワールドカップ」部門は三、四日に市民文化会館であり、十三組二十三人が出場。昨年の王者、ケロルさん(スペイン)もゲスト出演する。若手(四十歳以下)の登竜門として新設した「ニューカマーズ」部門には、国内の二十二組三十三人が参加する。

 前回に引き続き、富士市出身のタレント、若月佑美さんがデザインしたTシャツやタオルを販売する。

 十六日に市役所で会見した杉山元・実行委員長は「活気のある若手が多く出演し、例年以上の質の高いパフォーマンスも楽しめるはず。ぜひ家族で楽しんで」と呼び掛けた。問い合わせは、実行委員会=電054(205)9840=へ。

(広田和也)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索