トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

菊川の若連ら 屋台引き回しで全世帯に元気

氾濫があった牛淵川の支流の橋の上で、気勢を上げる岳洋自治会の若衆ら=菊川市下平川で

写真

 台風の影響は、秋祭りのさなかの祭り屋台にも及んだ。大規模な浸水被害があった菊川市の平川地区は、十二、十三日が秋の祭典。最も被害が大きかった岳洋自治会では、屋台小屋と漆塗りの屋台、道具も水に漬かった。それでも最終日は屋台の引き回しを決行した。

 十二日を中止としただけに、住民の思い入れは強かった。若連や班長らが早朝から、百八十ほどの全世帯を回り、被害状況を確認した上でお見舞いの気持ちを伝え、祭りを行うことの承諾を得た。

 「一年の一度のことで、子どもたちが楽しみにしている。若連はずっと支度してきた。自粛したら、来年までないからね」。自治会長で祭典委員長の黒田正志さん(68)が語った。

 前夜には、屋台を心配して集まった若者たちが何本も流れ出した電線よけの竹の棒を探して回収し、早朝には、道路のごみや障害物を片付けた。

 ほかの地域が朝から屋台を引き回す中、岳洋自治会は正午に運行を開始した。「そーらやれやれ」の小気味よい掛け声がまちに響いた。「ご苦労さま」「大変だったね」。住民たちは声を掛け合いながら、台風一過の秋晴れの下、自慢の屋台を引き回した。

(河野貴子、鈴木凜平)

◆罹災証明発行 菊川市が窓口

 菊川市は、台風19号で被害を受けた市民への対応窓口を十四日午前八時十五分〜午後五時、市役所本庁に開設し、罹災(りさい)証明を発行する。このほか、災害廃棄物を受け入れ、浸水場所の消毒用石灰を配布する。

 要支援者と要支援高齢者の相談窓口は、同じ時間帯にプラザけやきに開設する。

 災害廃棄物の処分は、同市棚草の環境保全センターで受け付ける。持ち込めるのは家具類、ガラス、瓦、布団、畳、家電ほか。石灰は市役所本庁で配布する。ともに午前九時〜午後三時。

(河野貴子)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索