トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

台風19号 県内避難急ぐ 駿河区で道路が冠水

台風接近で雨風が強くなり冠水した道路=12日午前11時、静岡市駿河区で(立浪基博撮影)

写真

 大型で非常に強い台風19号は日本の南海上で北上を続け、静岡県内は十二日朝、一部地域が暴風域に入った。県内では記録的な暴風や高潮、大雨となる恐れがあることから、静岡地方気象台は、土砂災害や浸水、河川の増水や氾濫などへの厳重な警戒を呼び掛けている。

 県内では一時間に三〇ミリを超える激しい雨となっており、十二日午前十時ごろまでの二十四時間降水量は伊豆・湯ケ島で三八三ミリ、伊豆・天城山で三一二ミリと、十月の観測史上最大を記録。静岡市駿河区では一三三ミリ、浜松市中区では八三・五ミリを観測した。気象台は県内全域で大雨や暴風警報を発表した。

 気象台によると、十三日午前六時までの二十四時間予想降水量は、東部と伊豆地域は八〇〇ミリ、中部と西部は六〇〇ミリ。予想最大風速(最大瞬間風速)は中部と西部、伊豆地域は三〇メートル(四五メートル)。東部では二〇メートル(三五メートル)。波の高さはうねりを伴い一〇〜一三メートルの見込み。

 台風19号は十二日夕から同日夜にかけ、県内に最接近し、県内または関東南部に上陸する見込み。

◆掛川など1400戸停電

 台風19号が接近した静岡県内では十二日、伊豆半島を中心に自宅を離れて避難所などで過ごす人が相次いだ。一部地域では停電も発生し、交通機関はほどんどが運行を見合わせた。

 県災害対策本部によると、午前八時半時点で、下田、熱海、東伊豆など伊豆半島の十市町と浜松、島田、焼津、藤枝、牧之原、吉田の計十六市町で計千人が避難している。

 午前十時半時点では、菊川市の一部に避難指示が出ている。沼津、熱海、伊東、牧之原、吉田など十三市町に避難勧告が出ている。

 駿河湾に近い静岡市駿河区西島地区では、道路が冠水した。

 中部電力、東京電力によると、掛川市、島田市、下田市、南伊豆町で約千四百戸が停電している。

 沼津河川国道事務所と静岡地方気象台は、伊豆半島を流れる「狩野川」で、氾濫に注意する水位に達した「警戒レベル2」を発表した。

 JR東海の東海道線、御殿場線、身延線(富士−鰍沢口駅間)、大井川鉄道、天竜浜名湖鉄道、遠鉄の電車・路線バス、しずてつジャストラインの路線バスが計画運休。静岡鉄道は午後から運転を見合わせた。静岡空港では国内・国際線全二十四便が欠航する。

 中日本高速道路によると、東名下り線富士インターチェンジ(IC)−清水ジャンクション(JCT)間、上り線の清水JCT−富士川スマートIC間は通行止めが続いている。正午以降にも東名、新東名、中部横断道の県内全区間が通行止めになる恐れがある。

 国道では、1号バイパス宮島東交差点−清見寺IC間の上下線が通行止めとなっている。

(岸友里、広田和也)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索