トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

台風19号 今夜上陸か

写真

 大型で非常に強い台風19号は東海沖を北上し、十二日の夕方から夜にかけて東海か関東に上陸する見通しだ。東日本の暴風や大雨は記録的なレベルに達すると予測される。気象庁は十一日に臨時記者会見し、降水量は千二百人を超える犠牲者を出した狩野川(かのがわ)台風(一九五八年)に匹敵する恐れがあり、大雨・洪水警戒レベルで最高のレベル5に当たる特別警報を出す可能性があるとして最大級の警戒を呼び掛けた。

◆県内の交通機関 終日運転を休止

 台風19号は静岡県に十二日夕方から夜に非常に強い勢力を保ったまま最接近する見込み。静岡地方気象台によると、十二日午後六時までの二十四時間予想降水量は東部と伊豆地域で八〇〇ミリ、中部と西部は六〇〇ミリ。予想最大風速(最大瞬間風速)は中部や西部、伊豆地域で三〇メートル(四五メートル)、東部で二〇メートル(三五メートル)。波の高さは一〇〜一三メートルの見込みで、十二日夕は大潮と満潮が重なり、高潮への警戒も必要だ。

 県は十一日、約八百人態勢の災害警戒本部を設置した。JR東海は十二日、東海道線と御殿場線、身延線の富士−鰍沢口(山梨県)間を終日運休する。大井川鉄道と天竜浜名湖鉄道、遠鉄電車、遠鉄の路線バスも終日運休。しずてつジャストラインも路線バスの全運行を取りやめる。静岡空港は十二日の国内・国際線全二十四便の欠航を決めた。

 中日本高速道路によると東名高速下り線の富士インターチェンジ(IC)−清水ジャンクション(JCT)間、上り線の清水JCT−富士川スマートIC間が高波の影響で通行止め。十二日午後六時以降に東名、新東名、中部横断道の県内区間すべてが通行止めになる可能性がある。国土交通省静岡国道事務所によると、国道1号バイパスの興津IC下り線の出入り口部分が通行止めになった。

◆停電で断水 水確保を

写真

 台風19号の最接近を前に、風雨が強まる直前にできる備えを浜松市防災学習センターの安野格史副センター長に聞いた。

 昨年秋の台風24号では、水道管が無事でも停電によりポンプ式の受水槽がある集合住宅では断水になりました。今回も断水に備えて、水を確保する必要があります。水道水を空いたペットボトルに入れたり、生活用水として浴槽にためておいたりすると良いでしょう。

 屋外のテレビアンテナや物干しざおは飛ばされないよう、ひもなどで固定してください。窓ガラスが割れないようにするのも忘れずに。まずは雨戸がしっかり閉まるか、確認してください。もしも割れた場合はガラスの飛散を防ぐことが大事です。段ボールで構いませんのでガラスに張り付けてください。

 大雨による道路の冠水や土砂災害が心配されます。避難する場合は、早めに、安全が確認できるうちにすることが大切です。雨風がひどくなってしまったら、無理に外に出るのは控えた方が良いでしょう。

◆「狩野川」級の大雨に

狩野川台風により一面水びたしとなった沼津市内=1958年

写真

 台風19号による大雨に警戒を呼び掛ける気象庁が例に挙げた狩野川台風(一九五八年の台風22号)。今回と似たコースをたどり、伊豆半島や首都圏に大きな被害が出た。翌五九年に日本を襲った伊勢湾台風の陰になりがちだが、犠牲者が千人を超えたことで知られる。

 気象庁によると、狩野川台風は五八年九月二十一日にグアム島近海で発生。同二十六日午後九時に静岡・伊豆半島南端をかすめ、二十七日午前零時ごろに神奈川・三浦半島に上陸、東京から三陸沖に進んだ。台風本体の雨雲や南海上の前線が活発化して北上した影響で東海や関東は大雨に。特に伊豆半島の狩野川は周辺の水が一気に流れ込んで氾濫し、多くの犠牲者が出た。

 狩野川台風による死者は八百八十八人、行方不明者は三百八十一人、けが人も千人を超えた。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索