トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

台風19号 県内あす午後最接近

写真

 大型で非常に強い台風19号は十日、小笠原諸島の西で北上を続けた。勢力を維持したまま、十二〜十三日に近畿から東日本に接近、上陸するとみられ、日本列島は広範囲で暴風や大雨となる恐れがある。気象庁は土砂災害や浸水、河川の氾濫、高潮に厳重な警戒を呼び掛けた。

 JR東日本は十二、十三日に大規模計画運休の方針を示し、JR東海も東海道新幹線の東京−新大阪間で十二日昼前から計画運休の予定。

 静岡地方気象台によると、台風19号は十二日午後に静岡県に最接近する。雨は十二日午前から降り始め、十三日午前まで続く見込み。県内各地で一時間に最大八〇〜九〇ミリの激しい雨が降るとされる。海上では最大瞬間風速三〇メートル以上の猛烈な風が吹くと予想され、進路によっては高潮にも警戒が必要という。

 昨年九、十月、県内に甚大な被害をもたらした台風24号の最大瞬間風速を上回るほど、非常に強い台風で進路が24号に似ているという。気象台の担当者は「竜巻が発生する可能性もある」などと注意を呼びかけている。

◆県内各地のイベント中止相次ぐ

 台風19号の接近に伴い、県内各地で十日、予定したイベントの中止などが相次いで決まった。

 浜松市は十二日に市動物園(西区)を臨時休園すると決めた。はままつフラワーパーク(西区)は十二、十三日に予定していたステージ「ザ・フラ・フェスティバル」を見合わせる。

 天竜区の天竜川河川敷で十二日に開かれる予定だった小学生対象のユネスコ科学教室も中止となった。

 JR清水駅(静岡市清水区)東口広場で十三日に開かれる予定だった「清水港マグロまつり」も中止に。羽衣伝説発祥の地・三保松原(同)で能を鑑賞できる十二日の羽衣まつりも見合わせ、チケットの払い戻しなどをする。

 テレビ静岡(静岡市駿河区)は十二、十三日に同社敷地で予定していた「テレしず祭り2019」の中止を決めた。

 朝霧高原(富士宮市)での野外音楽フェスティバル「朝霧JAM」も十二、十三日とも中止に。チケット購入者には十五日〜十一月二十九日、各プレイガイドで払い戻す。

◆ラグビーW杯のファンゾーンも中止 駿府城公園

 大型で猛烈な台風19号の接近に伴い、静岡県は、ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で十一日に駿府(すんぷ)城公園(静岡市葵区)で予定していたオーストラリア−ジョージア戦のライブ中継「ファンゾーン」の開催を中止する。

 大型スクリーンなどを公園から撤去するため、十三日に予定していた日本−スコットランド戦のファンゾーンも、中止や規模縮小となる可能性がある。十一日のオーストラリア−ジョージア戦自体は予定通り、袋井市のエコパスタジアムで実施の見込み。

 一方、JR浜松駅近くのギャラリーモール・ソラモ(浜松市中区)では十一日午後四時から、予定通りファンゾーンを実施する。隣接の「えんてつホール」ではパブリックビューイングを行う。

◆東名高速通行止め、新幹線計画運休へ

 中日本高速道路によると、台風19号による高波の影響で、東名高速下り線の富士インターチェンジ(IC)−清水ジャンクション(JCT)間が、十日午後八時から通行止めとなった。解除時期は未定。上り線の清水JCT−富士川スマートIC間も今後、通行止めになる可能性がある。

 国交省は高波の危険性があるとして、静岡市清水区沿岸の国道1号四・三キロを十日午後七時から通行止めにした。同区から富士市までの一九・六キロと静岡市内の国道52号一・七キロも通行止めになる可能性がある。

 JR東海は十二日昼から十三日にかけて、東海道新幹線の東京−新大阪間で計画運休を予定し、列車の本数を減らしたり、一部運行を取りやめたりする。

 清水港と土肥港を結ぶ「駿河湾フェリー」は十一〜十三日の全便を欠航する。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索