トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

サクラエビ 昨年秋漁並みに規制

写真

 記録的な不漁が続く駿河湾の特産サクラエビの秋漁に向け、県桜えび漁業組合は八日、静岡市清水区の由比港漁協で船主会を開き、一度も漁に出ることなく中止にした昨年の秋漁並みに今季も自主規制することを決めた。

 今季は二十三日から二カ月間を予定する。解禁までに駿河湾を三海域に分けて調査し、湾奥(富士川河口沖の周辺)は75%以上、湾中部(安倍川河口沖の周辺)は50%以上、湾南部(大井川河口沖の周辺)では30%以上、一歳エビ(体長三五ミリ以上)がいた場合に限り、出漁する。

 解禁後も、操業前に試験網を入れ、この基準を満たさなければ漁をしない。投網は一回に限り、網を引ける時間は十分以内とする。

 過去の実績から一歳エビが75%以上になることは考えにくく、実石正則組合長は「(産卵場でもある)湾奥は事実上の禁漁区」と述べた。

 サクラエビ漁は二〇一八年春以降、原因不明の不漁が続く。昨年の秋は、体長三五ミリ以下の稚エビが多い場合は漁獲しないと決め、全面中止。今年の春漁は漁獲総量を規制し、禁漁区を設け、水揚げ量は過去最低の八五・三トンだった。

 県などの調査では卵の推計数は回復傾向にあるが、一歳エビは期待ほど戻っていない。実石組合長は「卵の数は回復しているが、手放しで喜べない。春漁につなげて好循環をもたらしたい」と話した。

(高橋貴仁)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索