トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

ベルテックスが初白星 バスケB3

◆主将「歴史的1勝」

24得点でチーム初勝利に貢献したブライアン・ボールケル選手(中央左)=15日、静岡市葵区の市中央体育館で

写真

 バスケットボール男子・Bリーグ三部(B3)に今季から参戦した静岡市初のチーム「ベルテックス静岡」は十五日、静岡市葵区の中央体育館でアイシン・エィ・ダブリュ・アレイオンズ安城(愛知県)に70−60で競り勝ち、B3参入二試合目で初勝利を飾った。

 ベルテックスは前半、前日とは打って変わった堅守で失点を抑え、40−27と13点差をつけて折り返した。後半は相手の速攻に手を焼き、一時1点差まで詰められたが、この日24得点のブライアン・ボールケル、23得点のローション・プリンスの両米国人選手を中心とした攻撃を続け、一度もリードされずに逃げ切った。

 この日の来場者は千五百四十二人。前日の開幕戦とほぼ同じ数の観客が詰め掛け、選手たちを後押し。試合終了の瞬間、観客が総立ちになり、会場一体で勝利を喜んだ。

 選手会長の大石慎之介選手=沼津市出身、浜松大(現常葉大浜松キャンパス)卒=は「あの光景は忘れない。ベルテックスに携わった人の支援でプレーできていることに感謝したい」、主将の大沢歩選手=静岡市出身=は「静岡にチームができて歴史的な一勝だ」とそれぞれ喜びを語った。

 ベルテックスは三十日、十月一日に金沢武士団(金沢市)と敵地で対戦。次のホーム戦は、同十九、二十両日に静岡市中央体育館で東京八王子ビートレインズと戦う。

(広田和也)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索