トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

掛川のホテル 新生児放置 従業員の女逮捕

◆殺人未遂容疑

 掛川市亀の甲の掛川グランドホテルの女子トイレに新生児が放置されているのが見つかった事件で、掛川署は十六日、殺人未遂の疑いで藤枝市善左衛門三、同ホテル従業員の小沢美紀容疑者(23)を逮捕した。

 逮捕容疑は十日、ホテルの女子トイレに生まれたばかりの女児を放置したとされる。署は保護責任者遺棄の疑いで調べていたが、発見時の状況などから小沢容疑者が女児が死亡する可能性を認識していたとして殺人未遂容疑を適用した。

 署は「捜査上支障がある」として、認否を明らかにしていない。小沢容疑者は当日、勤務日だった。出産前後も通常通り勤務しており、ホテル側は妊娠を知らなかったという。

 署や消防によると、女児は胎盤やへその緒が付いた裸のままビニール製の袋に入れられ、三階の従業員用トイレのごみ箱の中に置かれていた。泣き声に気付いた男性従業員が発見して一一〇番した。現在も健康状態に問題はないが、発見が遅れれば死亡した可能性があるという。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索