トップ > 中日新聞しずおか > 朝夕刊 > 記事

ここから本文

朝夕刊

凧印菓子、焼き上がる 秋芳堂

◆174町のデザインずらり

浜松まつりに参加する各町の凧の模様をプリントしたクッキー=浜松市中区で

写真

 浜松まつり(五月三〜五日)のメインイベント、凧(たこ)揚げ合戦に参加する百七十四町の凧印をプリントしたクッキーやカステラまんじゅうの生産が、浜松市中区肴町の菓子店「秋芳堂」で最盛期を迎えている。アイドルグループ「嵐」を連想させる六つの凧印を集めた特別セットも、まつり当日に販売する予定だ。

 プリントには、大型の食品専用プリンターを使用する。パソコンのデザインソフトで作成したデータをもとに、無味無臭の可食インクを菓子の表面に吹き付けて絵柄を描き出す。

 凧印柄の菓子は、専用プリンターを導入した十年ほど前に浜松まつりを盛り上げようとつくり始めた。この時季のみの限定商品で、初凧を揚げる家庭のもてなし用などに人気を集める。

 凧印のカステラまんじゅうは受注生産のみだが、クッキーは百七十四町のデザインから十町分を無作為に選んだセット(税込み八百五十円)を店頭で購入できる。

 松本潤さんの「マ」(松城町)など、「嵐」のメンバーの頭文字の凧印を集めた特別セットは、クッキー、カステラまんじゅうともに六個入り税込み四百五十円。まつり期間中の三日間で店頭販売する。予約可。問い合わせは、藤本桂専務=電090(4088)0790=へ。

(酒井大二郎)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索